2016年04月18日

【週刊ふわっとストレッチ】タオルを使った睡眠改善法

前回・前々回と関連したストレッチです。  うなじには、太い血管や神経が集中しているので温める事で、自律神経を整え寝付きやすくします。 自律神経が整うと、筋肉の緊張のオンオフがスムーズになり、肩こりの緩和につながります。  背中にも神経が多く集中しているので、就寝前にストレッチで筋肉をほぐしてやることで神経がリラックスし、寝付きやすくなります。軽く背中を温めるのも効果的です。


ストレッチ13c-タオルを使った首と背中のストレッチ-完成.jpg ストレッチ13c-タオルを使った首と背中のストレッチ-文字無.jpg

posted by 菅野タカシ(旧 くもいたかし) at 08:56| Comment(0) | 日記

【週刊ふわっとストレッチ】深い呼吸のための背中と胸のストレッチ

前回の【腹式呼吸でからだリラックス】のに関連してます。 背中と胸の筋肉をストレッチする事で、深く息を吸いやすくします。 背中の肩甲骨を拡げる事で、肩こり予防・改善も期待できます。


ストレッチ13b-背中と胸のストレッチ 完成.jpg ストレッチ13b-背中と胸のストレッチ-文字無.jpg
posted by 菅野タカシ(旧 くもいたかし) at 08:45| Comment(0) | 日記

【週刊ふわっとストレッチ】腹式呼吸でからだリラックス

深く呼吸をする事で、自立神経を整えて気分を落ち着かせます。横隔膜を動かすことを意識しましょう。血管も広がり、血流を良くして冷え性の緩和も期待できます。   ストレッチにおいても、運動に意識が行き過ぎて息を止めてしまうと筋肉は緊張しますので、ゆっくり呼吸をする事で筋肉を緩め、ストレッチの効果を高めます。 ストレッチの基本とも言えます。

ストレッチ13a-腹式呼吸-完成.jpg ストレッチ13a-腹式呼吸-文字無.jpg
posted by 菅野タカシ(旧 くもいたかし) at 08:43| Comment(0) | 日記