2017年02月14日

単行本収録『レイプ・オブ・ザ・デッド 』の紹介です。

2月24日に刊行予定の単行本に収録される作品を、少しずつ紹介してい行きます。

今回は『レイプ・オブ・ザ・デッド』です。ゾンビを操る女ネクロマンサーが、冒険者の仕業で、自分のゾンビに犯されます。

邪悪なネクロマンサーを打倒しようと冒険者たちが次々と、ネクロマンサーのカリムの隠れ家に攻めてくる。
カリムはゾンビ(もとは冒険者)を使い、ことごとく打倒していく。
しかしゾンビを操る杖を奪われ、コントロールを失ったゾンビ達は主人のカリムを襲い始める。
噛みつきなどの呪いの感染によって仲間を増やすゾンビはおかしくなり、生殖によって増やそうとする。ただひたすら生殖をする生ける死者の群れに、カリムは飲み込まれていくのだった。

資料にゾンビ映画を何本か観ました。ホラーだと思っていた存在が、実はユーモアのある不思議な存在として描かれているんだなぁと感じ、少しゾンビが好きになりました。
カリムはもともとダークエルフという設定だったのですが、人間にしました。ボディストッキングは、褐色肌の名残です。デザインは気にいってます。

※局部の修正はこちらでつけたものです。実際の商品とは異なります。

単行本の情報はこちらです。
【戦うヒロインの陵辱エッチを集結!菅野タカシ先生初単行本2月24日発売!!】 http://ktcom.blog56.fc2.com/blog-entry-2828.html



rotd-013sam.jpg rotd-018s.jpg rotd-019s.jpg

ヒロイン カリムデザイン修正b.jpg 女魔法使いユフィb.jpg ゾンビイメージb.jpg ダークエルフのネクロマンサーb.jpg
posted by 菅野タカシ(旧 くもいたかし) at 08:06| Comment(0) | 日記